1. はじめに
今回はギターの編曲法の話です。
「異弦同音のユニゾンを活用したギター演奏」について述べます。

異弦同音とは、「弾く弦は異なるが同じ高さの音」を意味します。
例えば、1弦開放と2弦5フレットの音は同じE音が出ます(チューニングの時に弾くやつです)。
異弦同音では同じ高さの音が出ますが、弾く弦が異なるため、音「質」が異なります。
異弦同音を同時に鳴らすと、「高さは同じだが音質が異なる」音が同時に鳴ることになり、透明感と厚みのある独特の響きが生まれます。
この独特の響きを編曲に積極的に取り入れようというのが本稿の主旨です。

2. 例示
まず実例を示します。
僕の「夏影」(『AIR』)のアレンジの一部をタブ譜で示しますので弾いてみてください。
1小節1拍、2小節2拍裏~3小節1拍、4小節2拍裏~5小節1拍はアルペジオで弾きます。
<譜例1>
natsuex1
(画像クリックで拡大)
ここではアルペジオ部分において、1弦開放と3弦9フレットの音が異弦同音であり、同時に鳴っています。
このアルペジオ部分が独特の響きとなっていることを実感してもらえると思います。

3. 比較
このテクニックの効果を明確にするため、異弦同音を用いない譜例も示します。
<譜例2>
natsuex2
(画像クリックで拡大)
譜例2では、譜例1で1弦開放を用いていた部分を3弦9フレットに変えています。
ギターの演奏では高い音ほど高音弦で弾くというのが通常であり、譜例2の方が一般的な演奏と言えます。

譜例1と譜例2は、五線譜にすると同じになります(譜例1において1小節・3小節の2拍でE音が二つ鳴っているというところだけが違います)。
しかし弾いてみると、響きが大きく異なったものになることが分かってもらえると思います。

4. どのような場合に用いられるべきか
このテクニックはどのような場合に用いられるべきでしょうか。
ここでは三つの条件を示します。

(1)開放弦の音を使うことができるキー・コード進行である場合
まず第一にギターの構造上の制約があります。
開放弦を用いずに異弦同音を同時に鳴らそうとすると、押さえるフレットが離れているため、弾くのがかなり困難になります。
例えば、1弦1フレットと2弦6フレットを同時に押さえるのは無理です。
よって、異弦同音を同時に鳴らすことを実現するには、開放弦を使う必要があります。
この「開放弦を使う必要がある」という条件により、このテクニックを使えるキー・コード進行は限られてしまいます。
しかし、この「開放弦の音を使わなければならない」という制約がおもしろい効果を生むことも事実です。
特定の音を多く使う方向に促されることによって、曲に特徴が生まれやすくなるのです。

(2)透明感や爽やかさを表現したい時
異弦同音によるユニゾンは、透明感や爽やかさを感じさせる独特の響きになります。
そのため、曲で透明感や爽やかさを表現したい時に用いると大きな効果を発揮します。

(3)音に厚みを出したい時
異弦同音によるユニゾンは、音に厚みを出したい時の選択肢の一つとして有効です。
「単音では物足りないから音を足そう」という時、一般に(i)オクターブで和音を作る、(ii)オクターブ以外の音で和音を作る、という選択肢があります。
しかしこのテクニックを使えば、(iii)ユニゾンで音を重ねる、という第三の選択肢が加わることになります。
とりわけ、「単音では物足りないけど、和音にすると行き過ぎだ」というような微妙な状況において、このテクニックが効果を発揮するでしょう。